セキュリティについて

セキュリティ対策について

お客さまが安心してご利用いただけるよう安全の強化に取り組んでおります。

○通信内容の暗号化

たいこうオフィスe-バンキングでは、お客さまのパソコンと当行のコンピュータ間のデータ通信について、本サービスを安心してご利用していただけるよう、128ビットSSL暗号化方式を採用し、情報の盗聴や書替え等を防止しております。

○電子証明書での本人確認

たいこうオフィスe-バンキングにログインする際には、電子証明書とパスワードにより本人確認を行っております。
※電子証明書とは、電子的に作られた身分証明書です。電子証明書のデータはパソコンごとに保存されますので、万一、パスワードが漏洩しても、電子証明書が保存されているパソコンを使用しない限り、たいこうオフィスe-バンキングにログインできないため、不正アクセスによる被害を防止することできます。

○ログイン履歴に表示

最近3回までのログインした日時がトップページ(ステータス画面)に表示されますので、ログイン履歴を確認できます。
身に覚えのないログイン履歴等がある場合は、速やかに不正利用の届出先までご連絡ください。

○お取引確認メールの発信

資金移動等のお取引の実施、またはEメールアドレスの登録情報が変更される都度、電子メールにてご連絡いたします。
身に覚えのないお取引の確認メールがあった場合は、速やかに不正利用の届出先までご連絡ください。

○ソフトウェアキーボード

画面に表示されるキーボードでパスワードを入力していただけます。
キーボードの入力情報を盗み取るキーロガータイプのスパイウェアに対して有効です。

○EV-SSL証明書による検証

お客さまが、たいこうオフィスe-バンキングをご利用された場合、ブラウザのアドレスバーが緑色に変わり、ホームページが本物か偽物かを簡単にご確認できます。
このアドレスバーの緑色の表示を確認いただくことで、安心して、たいこうオフィスe-バンキングをご利用いただくことができます。

○セキュリティソフトの提供

大光銀行ホームページ、大光銀行インターネットバンキングをご利用している間、ウィルス等の活動を監視し、ウィルス等が発見された場合、検知・駆除することが可能なセキュリティソフト「SaAT Netizen(サートネチズン)」を大光銀行ホームページより無料でダウンロードいただけます。

○疑わしいIPアドレスからのログオン抑止

過去に犯罪に使われたIPアドレスからアクセスがあった場合、ログオンをできなくすることで、不正送金被害等の発生を防ぎます。IPアドレスはインターネット上の住所であり、IPアドレスにより犯罪者のパソコンを特定できます。

より安全にご利用いただくために

○大光銀行のインターネット・バンキングにアクセスしていることの確認方法

最近、金融機関であるかのように装った電子メールを不特定多数のお客さまに送付し、金融機関を装った偽サイトに誘導し、パスワード等の重要情報を不正に取得する悪質な詐欺事件が(「フィッシング詐欺」と呼ばれています。)発生しております。
お客さまにおかれまして、インターネット・バンキングにアクセスする際は、アクセス先のURL(アドレス)を確認し、パスワード等の重要情報を詐取されぬよう十分ご注意願います。
<確認方法>
アドレスバーに以下のURL(アドレス)が表示されていることをご確認ください。
大光銀行ホームページ http://www.taikobank.jp/ または https://www.taikobank.jp/
たいこうパーソナルe-バンキング https://bb3.ib.finemax.net/
たいこうオフィスe-バンキング https://www.suitebank3.finemax.net/
たいこうでんさいサービス https://densai.finemax.net/

○お客さまに実施していただきたいセキュリティ対策
○パソコンにはセキュリティソフトを必ず導入し、アップデートを行い常に最新の状態を保ってください。
○インターネット・バンキングは当行が推奨する利用環境(OSやブラウザ)でご利用願います。
○OSやブラウザ等インストールされているソフトウェアは、適宜、最新の修正プログラムを適用し最新の状態を保ってください。
○万一の被害発生に備え、Eメールアドレスの登録内容を確認願います。Eメールアドレスが未登録の場合や、誤って登録されている場合は、直ちに正しいEメールアドレスを登録願います。
○インターネット・バンキングのID・パスワード等は、第三者に回答したり、漏洩することのないよう厳重に保管願います。
○インターネット・バンキングのパスワード等は定期的に変更願います。
○取引限度額を確認願います。取引限度額は必要な範囲内でできるだけ低く設定願います。
○不審なログイン履歴や身に覚えの無い取引が無いかを、ログイン履歴や取引通知メールにより定期的に確認願います。

○セキュリティに関するご注意事項(絶対に行ってはならないこと)

○インターネット・バンキングのID・パスワード等は、パソコン内のファイルには保存しないでください。
○電話、電子メール等でインターネット・バンキングのID・パスワード等を尋ねられても、絶対に回答しないでください。当行では電話、電子メール等でID・パスワード等をお尋ねすることはございません。
○不正なポップアップ画面を表示して、インターネット・バンキングのID・パスワード等を不正に入手しようとする事例が発生しております。当行ではポップアップ画面にパスワード等を入力していただく機能はございませんので、このようなポップアップ画面が表示されても、絶対にパスワード等は入力しないでください。
○心当たりのないメールを受信した場合、当該メール、および添付ファイルやリンク先は絶対に開かないでください。
○銀行を発送元として偽装したCD-R等の媒体を郵送し、当該媒体をインストールさせスパイウェア等に感染させて、インターネット・バンキングのID・パスワード等を不正に入手しようとする事例が発生しております。当行ではこのようなCD-R等の媒体を送付することはございませんので、CD-R等の媒体が送付されてきても、絶対にインストールしないでください。

○推奨しているセキュリティ対策

○セキュリティソフトを導入し、その状態を最新に保ってください。当行では、無償でご利用いただけるセキュリティソフト「SaAT Netizen(サート・ネチズン)」を提供しております。市販のセキュリティソフト等を導入されていない場合は、必ず「SaAT Netizen」をご利用願います。既に市販のセキュリティソフトを導入している場合でも、「SaAT Netizen」は他のセキュリティソフトと併せて利用できますので、ぜひ、「SaAT Netizen」もご利用ください。「SaAT Netizen」は、こちらから無料でダウンロードできます。

インターネット・バンキングにおける法人のお客さまの預金等の不正な払戻に関する被害補償について

法人インターネット・バンキングにおける預金等の不正な払戻しの被害が社会問題化している状況を踏まえ、平成27年1月13日から、法人のお客さまのインターネット・バンキングにおける預金等の不正な払戻被害について、補償を開始しました。
また、平成31年1月13日より補償内容を拡充しております。

補償の概要

適用開始日 平成31年1月13日
対象となる
お客さま
当行のインターネット・バンキング(「たいこうオフィスe-バンキング」および「たいこうパーソナルe-バンキング」)をご契約の法人のお客さま
補償金額 1,000万円(一事故あたりの年間補償限度額) (変更前:1,000万円)
2,000万円(一契約者あたりの年間補償限度額)(変更前:1,000万円)
補償内容 お客さまのご利用状況、セキュリティ対策の実施状況、および警察当局の捜査結果等も踏まえ、個別事案ごとに対応させていただきます。
検討の結果、補償を行わない場合、または補償額を減額する場合がございます。
補償要件 ①被害発生の翌日から30日以内に被害の届出をしていただくこと
②当行の被害調査に協力していただくこと
③警察に対して被害届を提出していただくこと
④契約者または、契約者の従業員の故意または重大な過失による被害ではないこと
⑤契約者または契約者の従業員により行われた本サービスの不正使用ではないこと
⑥直接間接を問わず、指示または脅迫に起因して生じた被害ではないこと
⑦天変地異、戦争、暴動等による著しい社会秩序の混乱に乗じ、またはこれにより付随して行われたものではないこと
⑧お客さまの利用環境(OSやブラウザ)が、当行が推奨する利用環境であること
⑨当行が導入を推奨しているセキュリティ対策を導入していただいていること
⑩セキュリティソフトを導入し、その状態が最新バージョンに更新されていること
補償を行わ
ないまたは
補償を減額
する場合
①ID・パスワード等を第三者に回答した場合
②ID・パスワード等をパソコン内のファイルに保存していた場合
③電子メールアドレスを登録していない場合
④その他明らかにお客さまに過失があると判断される場合

このページのTOPへ