太陽光発電事業への参入支援に向けた専門機関との業務提携について

  • 2012.09.25
  • facebookでシェア
  • ツイート

 株式会社 大光銀行(本店 新潟県長岡市、頭取 古出 哲彦)は、太陽光発電参入事業者を支援するために、下記のとおり専門機関と業務提携契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。
当行は現在、再生可能エネルギー発電設備(太陽光、風力、地熱、水力、バイオマス等)を導入するお客さまを対象に、たいこう環境融資「エコライナー」の金利引下げを実施しているなか、本年10月18日(木)には、たいこう「太陽光発電セミナー」を開催するなど、再生可能エネルギー普及に向け積極的に取り組んでおります。今般の業務提携は、これらの取組みの一環として行います。

1. 太陽光発電システム導入に関するビジネスマッチング契約(提携先:オリックス株式会社)
契約締結日 平成24年9月25日(火)
提携内容 太陽光発電システムの導入をご希望されるお客さまに対し、オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長 井上 亮)を紹介し、システム導入をサポートするビジネスマッチング契約です。
全国で太陽光発電システムの販売を行っている同社は、メーカーからの直接仕入れや全国の工事業者とのネットワークによるスケールメリットを活かし、お客さまの事業計画に合わせた導入をサポートします。
2.リスクコンサルティングに関する業務提携契約(提携先:三井住友海上火災保険株式会社)
契約締結日 平成24年9月20日(木)
企業に内在する様々なリスクに関してコンサルティングをご希望されるお客さまに対し、三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長 柄澤 康喜)及びグループ会社である株式会社インターリスク総研(本社:東京都千代田区、取締役社長 近藤 和夫)と連携してリスクコンサルティングを行ってまいります。
リスクコンサルティングメニューには、太陽光発電事業に関連したメガソーラー事業者向けリスク分析サービス(日照リスク、地震リスク等)があり、ハザード情報の提供などを受けることができます。
【リスクコンサルティングメニュー】
内部統制、コンプライアンス、苦情対応、ERM(全社的リスクマネジメント)、危機管理、BCM・BCP(事業継続マネジメント・事業継続計画)、火災リスク、地震リスク、環境リスク、メガソーラー施設の地震・日照リスク分析 等

以  上

【本件に関するお問い合わせ先】 Tel 0258-36-4111
金融サービス部/藤田(内線722)

  • Get Adobe Reader
  • 不正送金やウイルスから守る セキュリティソフト サート・ネチズン
  • Secure Starter
  • 不正送金やウイルスから守る セキュリティソフト サート・ネチズン
  • Get Adobe Reader
株式会社大光銀行

登録金融機関 関東財務局長(登金)第61号
加入協会/日本証券業協会
金融機関コード:0532
SWIFTコード:TAIKJPJT

Copyright(C) THE TAIKO BANK,LTD.All Rights Reserved
PAGE TOP