不祥事件の発生についてのお詫びとご報告

  • 2014.12.02
  • facebookでシェア
  • ツイート

 この度、誠に遺憾ながら、当行元行員による下記の不祥事件が発覚いたしました。
 信用を第一とする金融機関として、このような不祥事件を発生させたことについて、役職員一同深く反省するとともに、日頃から当行を信頼してお取引を頂いているお客様、地域の方々並びに株主の皆様に心からお詫び申し上げます。

1.事件の概要
 当行加茂支店に勤務していた営業係の元行員(男性31才)が、加茂支店のお客様のご預金を流用していたことが平成26年10月に発覚いたしました。
(1) 当行で内部調査を実施いたしました結果、元行員が勤務していた加茂支店において、平成26年2月から平成26年10月までの間に、2先のお客様のご預金を流用していたことが判明いたしました。
(2) 本事件による流用の累計額は10百万円、被害額は5百万円であり、被害に遭われたお客様には深くお詫び申し上げます。被害額全額は元行員の親族により既に全額弁済されております。
(3) 元行員につきましては、既に懲戒解雇処分といたしました。また、管理監督の立場にあった役職員につきましても厳正な処分を行いました。
2.今後の対応
 当行では、内部管理態勢及び法令等遵守態勢の確立を経営の最重要課題と位置付け、種々の対応策を実施してまいりました。しかしながら、このような不祥事件の発生を防止できなかったことは、役職員の内部管理態勢および法令等遵守に対する取組みが不十分であったと深く反省しております。
 今後は、経営陣による法令等遵守態勢の整備・強化への関与を更に強めるとともに、不祥事件の再発防止に向け、行員に対する人事面の管理、事務管理、内部監査、法令等遵守態勢の更なる強化に努めてまいります。
本件に関するお問合せ先
大光銀行お客さま相談室 堀、酒井
電話番号:0120-36-4440
受付時間:AM9時~PM5時まで(銀行休業日除く)

以  上

【報道機関からのお問い合わせ先】 TEL 0258-36-4111
総合企画部/渡部・近藤(内線618・617)

  • Get Adobe Reader
  • 不正送金やウイルスから守る セキュリティソフト サート・ネチズン
  • Secure Starter
  • 不正送金やウイルスから守る セキュリティソフト サート・ネチズン
  • Get Adobe Reader
株式会社大光銀行

登録金融機関 関東財務局長(登金)第61号
加入協会/日本証券業協会
金融機関コード:0532
SWIFTコード:TAIKJPJT

Copyright(C) THE TAIKO BANK,LTD.All Rights Reserved
PAGE TOP