2020年3月期第4四半期 有価証券評価損及び業績予想の修正に関するお知らせ

  • 2020.04.30
  • facebookでシェア
  • ツイート

 株式会社 大光銀行(本店 新潟県長岡市、頭取 石田 幸雄)では、「その他有価証券」に区分される保有有価証券のうち、時価が著しく下落し、その回復があると認められないものについて、2020年3月期第4四半期において減損処理による有価証券評価損を計上し、併せて、2019年5月10日に公表しました2020年3月期通期の業績予想を修正することとしましたので、お知らせいたします。



1.2020年3月期第4四半期における有価証券評価損
単体 連結
2020年3月期第4四半期会計期間
(2020年1月1日から2020年3月31日まで)の有価証券評価損の総額(=A-B)
1,042百万円 1,042百万円
(A)2020年3月期第4四半期累計期間
(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の有価証券評価損の総額
1,049百万円 1,049百万円
(B)直前四半期(2020年3月期第3四半期)累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)の有価証券評価損の総額 7百万円 7百万円
  • ※四半期における有価証券の評価方法は、時価のあるものは第1四半期から第3四半期までは洗替え方式、第4四半期は切放し方式を、時価のないものは切放し方式を採用しております。
  • ※当行の決算期末は、3月31日です。

2.業績予想の修正について

2020年3月期通期連結業績予想数値の修正(2019年4月1日~2020年3月31日)

  経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円 百万円 円 銭
3,320 2,030 213.96
今回修正予想(B) 2,630 1,140 119.97
増減額(B-A) △ 690 △ 890  
増減率(%) △ 20.7 △ 43.8  
(ご参考)前期実績
(2019年3月期)
3,942 2,579 271.92

2020年3月期通期個別業績予想数値の修正(2019年4月1日~2020年3月31日)

  経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円 百万円 円 銭
3,250 2,000 210.80
今回修正予想(B) 2,580 1,130 118.92
増減額(B-A) △ 670 △ 870  
増減率(%) △ 20.6 △ 43.5  
(ご参考)前期実績
(2019年3月期)
3,842 2,532 266.97

修正の理由
 コア業務純益は経費が減少したため当初予想をやや上回る見込みとなったものの、大口取引先の破綻等から実質与信関係費用が当初予想を上回る見込みとなったことや有価証券の評価損を計上したことなどにより、2020年3月期通期の連結・単体の業績予想について、前回発表予想を修正するものであります。  


  • (注)本資料の業績予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後の様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。

以  上

【本件に関するお問い合わせ先】 TEL 0258-36-4111 
経営管理部 相場、町田(内線3509・3510)

  • Get Adobe Reader
  • 不正送金やウイルスをブロック
  • Secure Starter
  • 不正送金やウイルスをブロック
  • Get Adobe Reader
株式会社大光銀行

登録金融機関 関東財務局長(登金)第61号
加入協会/日本証券業協会
金融機関コード:0532
SWIFTコード:TAIKJPJ1

Copyright(C) THE TAIKO BANK,LTD.All Rights Reserved
PAGE TOP