インターネット・バンキングにおける法人のお客さまの 預金等の不正な払戻しに関する被害補償の開始について

  • 2015.01.08
  • facebookでシェア
  • ツイート

 いつも大光銀行をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 このたび、インターネット・バンキングの不正利用により、法人のお客さまの預金等が不正な払い戻し被害に遭われた場合の補償を開始いたしますので、下記のとおりお知らせします。
 当行では今後とも、お客さまに安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

1.補償の概要
補償開始日 平成27年1月13日
対象となる
お客さま
当行のインターネット・バンキング(「たいこうオフィスe-バンキング」および「たいこうパーソナルe-バンキング」)をご契約の法人のお客さま
補償金額 1,000万円(一契約者あたりの年間補償限度額)
補償内容 お客さまのご利用状況、セキュリティ対策の実施状況、および警察当局の捜査結果等も踏まえ、個別事案ごとに対応させていただきます。
検討の結果、補償を行わない場合、または補償額を減額する場合がございます。
補償要件
1 被害発生の翌日から30日以内に被害の届出をしていただくこと
2 当行の被害調査に協力していただくこと
3 警察に対して被害届を提出していただくこと
4 契約者または、契約者の従業員の故意または重大な過失による被害ではないこと
5 契約者または契約者の従業員により行われた本サービスの不正使用ではないこと
6 直接間接を問わず、指示または脅迫に起因して生じた被害ではないこと
7 天変地異、戦争、暴動等による著しい社会秩序の混乱に乗じ、またはこれにより付随して行われたものではないこと
8 お客さまの利用環境(OSやブラウザ)が、当行が推奨する利用環境であること
9 当行が導入を推奨しているセキュリティ対策を導入していただいていること
10 セキュリティソフトを導入し、その状態が最新バージョンに更新されていること
補償を行わないまたは
補償を減額する場合
1 ID・パスワード等を第三者に回答した場合
2 ID・パスワード等をパソコン内のファイルに保存していた場合
3 電子メールアドレスを登録していない場合
4 その他明らかにお客さまに過失があると判断される場合

2.お客さまに実施していただきたいセキュリティ対策等
 インターネット・バンキングをご利用のお客さまにおかれましては、不正送金を防止するため、以下の【必ず行っていただきたいこと】【絶対に行ってはならないこと】のご確認と【推奨しているセキュリティ対策】へのご対応をお願いいたします。

【必ず行っていただきたいこと】
1 パソコンにはセキュリティソフトを必ず導入し、アップデートを行い常に最新の状態を保ってください。
2 インターネット・バンキングは当行が推奨する利用環境(OSやブラウザ)でご利用願います。(推奨利用環境はこちら⇒「たいこうオフィスe-バンキング」、「たいこうパーソナルe-バンキング」)
3 OSやブラウザ等インストールされているソフトウェアは、適宜、最新の修正プログラムを適用し最新の状態を保ってください。
4 万一の被害発生に備え、Eメールアドレスの登録内容を確認願います。Eメールアドレスが未登録の場合や、誤って登録されている場合は、直ちに正しいEメールアドレスを登録願います。
5 インターネット・バンキングのID・パスワード等は、第三者に回答したり、漏洩することのないよう厳重に保管願います。
6 インターネット・バンキングのパスワード等は定期的に変更願います。
7 取引限度額を確認願います。取引限度額は必要な範囲内でできるだけ低く設定願います。
8 不審なログイン履歴や身に覚えの無い取引が無いかを、各サービストップページのログイン履歴や取引通知メールにより定期的に確認願います。

【絶対に行ってはならないこと】
1 インターネット・バンキングのID・パスワード等は、パソコン内のファイルには保存しないでください。
2 電話、電子メール等でインターネット・バンキングのID・パスワード等を尋ねられても、絶対に回答しないでください。当行では電話、電子メール等でID・パスワード等をお尋ねすることはございません。
3 不正なポップアップ画面を表示して、インターネット・バンキングのID・パスワード等を不正に入手しようとする事例が発生しております。当行ではポップアップ画面にパスワード等を入力していただく機能はございませんので、このようなポップアップ画面が表示されても、絶対にパスワード等は入力しないでください。
4 心当たりのないメールを受信した場合、当該メール、および添付ファイルやリンク先は絶対に開かないでください。
5 銀行を発送元として偽装したCD-R等の媒体を郵送し、当該媒体をインストールさせスパイウェア等に感染させて、インターネット・バンキングのID・パスワード等を不正に入手しようとする事例が発生しております。当行ではこのようなCD-R等の媒体を送付することはございませんので、CD-R等の媒体が送付されてきても、絶対にインストールしないでください。

【推奨しているセキュリティ対策】
1 セキュリティソフトを導入し、その状態を最新に保ってください。当行では、無償でご利用いただけるセキュリティソフト「SaAT Netizen(サート・ネチズン)」を提供しております。市販のセキュリティソフト等を導入されていない場合は、必ず「SaAT Netizen」をご利用願います。既に市販のセキュリティソフトを導入している場合でも、「SaAT Netizen」は他のセキュリティソフトと併せて利用できますので、ぜひ、「SaAT Netizen」もご利用ください。「SaAT Netizen」は、当行ホームページから無料でダウンロードできます。
2 フィッシング対策ソフト「PHISHCUT(フィッシュカット)」を導入してください。「PHISHCUT」は当行ホームページの正当性を確認することができ、お客さまのフィッシング詐欺被害を防止します。「PHISHCUT」は当行ホームページから無料でダウンロードできますので、ぜひ、ご利用願います。
3 スマートフォンで「たいこうパーソナルe-バンキング」をご利用の場合は、セキュリティアプリ「Secure Starter(セキュア・スターター)」をご利用ください。アプリを起動すると自動的にセキュリティチェックを行いますので、安全に「たいこうパーソナルe-バンキング」を利用することができます。「Secure Starter」は当行ホームページから無料でダウンロードできますので、是非ご利用願います。

3.被害に遭われた場合
 万が一、身に覚えのない不審なお取引にお気付きの際は、ただちに以下の連絡先までご連絡ください。


○平日のAM9:00~PM5:00
 お取引店、または大光銀行 事務部(0120-92-9909)
○上記以外の時間帯
 ATMサービスセンター(0258-36-4100)

以  上

【本件に関するお問い合わせ先】
大光銀行 事務部
TEL 0120-92-9909
平日 AM9:00~PM5:00

  • Get Adobe Reader
  • 不正送金やウイルスをブロック
  • Secure Starter
  • 不正送金やウイルスをブロック
  • Get Adobe Reader
株式会社大光銀行

登録金融機関 関東財務局長(登金)第61号
加入協会/日本証券業協会
金融機関コード:0532
SWIFTコード:TAIKJPJ1

Copyright(C) THE TAIKO BANK,LTD.All Rights Reserved
PAGE TOP