• HOME>
  • お客さま本位の業務運営に関する基本方針

お客さま本位の業務運営に関する基本方針


 株式会社大光銀行(以下「当行」といいます)は、お客さまの資産形成に資する金融商品・サービスの提供にあたり、お客さま本位の業務運営を実践していくため、以下の方針を定めます。
 当行は、この方針に基づく取組み状況を定期的に検証・公表するとともに、より良い業務運営の実現に向け、定期的に方針の見直しを行ってまいります。

  1. お客さまの最善の利益の追求
    当行は、お客さまの最善の利益を図るため、継続的な従業員教育を通じて金融商品・サービスにかかる高度な専門性と職業倫理の保持に努め、お客さまに対する誠実・公正な業務の遂行に努めてまいります。
    また、当行が定める「地域密着宣言」を全従業員が遵守し、「お客さま本位の業務運営」が企業文化として定着するよう努めてまいります。
    【たいこうの地域密着宣言】
    私たちは、お客さまの身近なアドバイザーとして、
    ・「お客さま目線」で、全力で考えます。
    ・お客さまに新鮮な気付きをお届けします。
    ・お客さまからのご相談に素早くお応えします。
    ・お客さま一人ひとりに、いつも笑顔で心を込めて接します。
  2. 利益相反の適切な管理
    当行は、お客さまの利益が不当に害されることのないよう利益相反の管理の適切性を確保するため、「利益相反管理方針」および「利益相反管理規程」を定めております。
    当行は、この方針および規程に基づき、金融商品・サービスの販売・推奨等の取引におけるお客さまとの利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、当該利益相反を適切に管理してまいります。
  3. 手数料等の明確化
    当行は、お客さまがより良い金融商品・サービスを選択いただけるよう、金融商品・サービスの販売・推奨等に際してお客さまより直接いただく手数料だけではなく、金融商品・サービスの提供会社を通じて間接的にいただく手数料についても透明性の向上を図り、分かりやすい手数料体系の情報開示に努めてまいります。
  4. 重要な情報の分かりやすい提供
    当行は、金融商品・サービスの販売・推奨等にあたり、リスクとリターン、取引条件、お勧めする理由等の重要な情報について、お客さまの取引経験や金融知識を踏まえ、明確、平易かつ誠実な説明に努めてまいります。その際、より重要な情報については特に留意していただけるよう、より丁寧な説明に努めるとともに、お客さまが同種の金融商品・サービスの内容と容易に比較いただける提案に努めてまいります。
    また、複雑またはリスクの高い商品の販売・推奨等を行う場合には、より丁寧な情報提供に努めてまいります。
  5. お客さまにふさわしいサービスの提供
    当行は、金融商品・サービスにかかるお客さまの投資経験、金融知識、財産の状況、投資目的やニーズを適切に把握し、お客さまにふさわしい金融商品・サービスを提供してまいります。
    また、金融商品・サービスをお求めいただいたお客さまに対しては、市場環境の変化等を踏まえ、お持ちの金融商品や市場動向に関する適切な情報提供(アフターフォロー)を行ってまいります。
    このほか、お客さま向けセミナー等の開催を通じて、金融商品や市場動向など金融取引に関する情報を積極的に提供してまいります。特に、投資経験や金融知識の浅いお客さまに対する情報提供の機会を充実させ、お客さまの中長期の資産形成とライフプランの実現を積極的にサポートしていくとともに、個人投資家の裾野拡大にも貢献してまいります。
  6. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
    当行は、本方針に掲げるお客さま本位の業務運営が全従業員に浸透し実践されるよう、業績評価体系や従業員向けの研修プログラムその他の適切な動機づけの枠組み、適切なガバナンス体制の整備に努めてまいります。
(平成29年8月8日制定)

このページのTOPへ