たいこうTSUKIGAKE STYLE

たいこう TSUKIGAKE STAYLE

病気・ケガ 老後
住宅取得 教育資金

年代別の金融資産の保有目的
※金融資産保有世帯 3つまでの複数回答(%)
  全体 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳以上
病気や災害への備え 63.8 45.3 48.3 55.5 61.5 73.2 74.4
老後の生活資金 65.8 28.1 36.2 51.1 73.7 83.3 74.7
こどもの教育資金 30.2 75.0 67.7 66.5 26.7 3.4 2.0
耐久消費財の購入資金 13.8 29.7 17.7 18.2 14.5 12.3 6.9
住宅取得・増改築などの資金 14.0 35.9 28.4 14.0 14.5 9.0 7.2
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成25年)より抜粋

たいこうの資産づくりのお手伝い
1.確定拠出年金(個人型)
サラリーマン(会社に企業年金等がない第2号被保険者)や個人事業主(第1号被保険者)が加入できる国の年金制度です。
一定の掛金を60歳まで積み立てて、自分で商品を選び、運用した結果が自分の年金の財源となる制度です。
毎月拠出する掛金は全額所得控除の対象となります。
運用時や受取時の税制メリットがあります。
(運用益は非課税、一時金受取の場合は退職所得控除が適用、年金受取の場合は公的年金等控除の対象(平成24年5月時点の税制))
→ 確定拠出年金(個人型)商品ページはこちら

2.個人年金保険
ゆとりある老後に向けて積み立てる保険商品です。
保険料控除の対象になります。
→ 個人年金保険 商品ページはこちら

3.投資信託定時定額購入サービス
少額から国内外の幅広い資産に分散投資できます。
投資信託を毎月一定額(3千円から)自動的に購入することでリスク分散を図りながら収益の確保を目指します。
投資信託をお取引き頂く前に、必ず「投資信託に関するご注意事項」をご確認ください。
→ たいこうの投資信託定時定額購入サービス 商品ページはこちら

4.収入保障保険
もしものとき、残されたご家族の生活費用を補うための保険商品です。
→ 収入保障保険商品ページはこちら

5.医療保険
病気やケガの治療を幅広く保障する毎月払い型の保険商品です。
→ 医療保険 商品ページはこちら

6.がん保険
がんの治療にかかる費用(入院・通院、手術治療など)を手厚く保障する毎月払いの保険商品です。
→ がん保険商品ページはこちら

7.傷害保険
日常生活のケガ等を補償する保険です。
満期返戻金があるタイプもあります。
→ 積立傷害保険 商品ページはこちら

8.学資保険
お子さまの進学時期に教育資金が準備できる積立型の保険商品です。
→ 学資保険 商品ページはこちら

9.定期積金
毎月1,000円以上の一定額を積み立てる預金商品です。
6ケ月から5年の比較的短い期間で確実に目標額を積み立てるのに向いています。
→ 定期積金 商品ページはこちら

このページのTOPへ